デメリットの解決策(妥協ポイント)

訪れる観光地をまとめよう

沖縄本島内を移動するときはモノレールや路線バスを使う方法がありますが、それらを利用できる範囲は限られてきます。無理なく移動するためには、レンタカーの利用を検討しましょう。ただし、車で移動するときはドライバーへの配慮が必要です。特に、同行者のなかでドライバーが一人の場合は、その人に掛かる負担が大きくなります。そのときの状況によっては、旅行気分が吹き飛ぶかもしれません。そうならないためには、訪れる観光地をまとめることが大切です。

旅行のプランニングに際しては、同行者全員への配慮が不可欠といえます。レンタカーで移動するときは車窓からの景色も楽しみですが、車のハンドルを握る人は運転するだけで精一杯だと知っておきましょう。

そのためには観光タクシーの利用も

沖縄には数多くの観光地がありますが、移動に長時間を費やすのは得策とはいえません。どうしても行きたいところを決めたうえで、限られた時間を有効活用することが大切です。そのためには、観光タクシーを利用するのもよいかもしれません。タクシー会社のなかにはバリアフリー対策に力を入れているところもあるため、大家族での旅行にも安心ではないでしょうか。

沖縄旅行に観光バスを利用することも選択肢の一つです。ただし、ほかの観光客と一緒に行動するため、気を使うことも出てくるかもしれませんね。自分のペースで旅行をするためには、観光タクシーの利用を検討しましょう。タクシードライバーと相談しながら、オリジナルプランが立てやすいメリットがあります。

西表島のツアーは、自然を十分に感じることのできるツアーです。島の周囲はスカイブルーの海が広がり、たくさんの熱帯魚とサンゴ礁を見ることができます。また、夜には満天の星空が空一面に広がります。