デメリットの解決策(妥協ポイント)

沖縄には数多くの離島があります

人気旅行先の一つに沖縄がありますが、沖縄といえば、有名な城や水族館などを観光するイメージが強いかもしれません。沖縄本島でメジャーな観光スポットを選ぶとなると、かなり場所が限定されてくることでしょう。印象に残る旅をしたいのであれば、その一つの手段として沖縄の離島をお勧めします。本島と同じ沖縄県でありながらも、まったく異なる文化や風習、自然などを臨むことができるでしょう。実は沖縄の離島は全部で57もあるとされています。本島から車で行ける場所もあれば、空港からさらに飛行機を乗り継がなければならない、フェリーで移動しなければならないところもあります。この距離こそがそれぞれの島の文化を作っているともいえ、本島では見ることのできない風景や文化と言えます。

沖縄の離島を旅するデメリットとその解決策

沖縄の離島を旅するうえで最大のデメリットとなるのが、交通アクセスの悪さと言えます。交通アクセスが不便であるからこそ、現在でも独自の文化や自然が守り続けられているともいえます。しかし実際に観光客の立場になった場合には、特に台風シーズンとなると天候不順によって飛行機がとまった場合には、島から出ることさえもできなくなってしまいます。フェリーを使う場合には、波の状態によっては天気が良くても運航できなくなることもあります。このように交通アクセスが不便なうえに、予期せぬ出来事に遭遇する可能性もあるので、その解決策として旅行の期間に余裕を持っておくとよいでしょう。天候次第では計画していたスケジュール通りに旅ができない可能性もあることを、しっかりと理解しておくことが大切です。

沖縄ツアーでは、試飲を楽しむことができる沖縄の地ビール工場や、紅芋を使ったタルトやケーキのお菓子工場見学が人気があり、観光スポットとなっています。